スポンサー広告 【--/--/--】

| トラックバック(-) | コメント(-) |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車と人間と社会 【2005/04/25】

| トラックバック(0) | コメント(0) |
自動化がもたらすものは
大げさなカテゴリーかもしれませんがご容赦のほどを。

ゴルフ2からPOLOとなり、
今まで手動だったものが自動化された。
・ドア開閉
・カギ開閉
・ステアリング
・ABS,EPS等(このへんよくわからない)
・カーナビ
・エアコン(クーラー)

確かに楽で面白い。
しかし、どれもこれも電気で動く。もし、電気がなくなったら、
コンピューターが壊れたら、動かないものばかり。
車を替えて、私の第一印象は実は「不安」であった。

生まれた時から以上の機能のみを使い、それが親から子へと代々
受け継がれていったなら、人間の「考えながら動く(物理的)」
という部分が退化していくに違いない。SFに見るようなふにゃ
ふにゃ星人のようになるのだろう。

銀行に対して苦情の電話をすると「システムの故障で」と、シス
テムのことばかり話にして、肝心の「お詫び」の心が感じられない。

いつのまにか電子とコンピューターに依存どころか支配されて
しまっているようなところもあるのではないだろうか。

映画ターミネーターでは人間がロボットに攻撃を受けていたが、
これは空想でもなさそうだ。

便利で面白いと思われるものは、見えないところでそれまでの
良さを必ずつぶしている。
クーラーのない夏は窓を全開にして外の季節の匂いを感じた。
クーラーはこの体感を少なくする。
暑くて無理しないようにする生活のはずが、暑くても無理に機械
で涼しくして、実は体にも環境にも無理を強いている。

自然は自然の営みの中から、多くの工夫の積み重ねによって生きる
ためのことを作り身につけてきた。人間はあまりに短い時間に多く
のことを行ってしまった。周囲と協調してこなかった部分を今から
同じ時間をかけて修復していかなければ必ずしっぺ返しが来るので
あろう。

私は、まずは極力窓を開けて過ごすことにしようと思う。

スポンサーサイト
車と人間と社会 【2005/04/27】

| トラックバック(0) | コメント(0) |
納車と赤ちゃん
納車の日は赤ちゃんの肌なのだが、その日から劣化が始まるのだという、
ごく当たり前のことがわかった。
埃や砂やもろもろのものを受け、どうしたって傷はついていく。
新しいからとついついボディーの輝きが気になるが、かえって気疲れし
てしまう。私の場合は、早めに劣化を受け入れたほうがいいようだ。
普通に洗車すればいい。

しかし、エンジンは成長して、良い方向にいくのいだろう。ゴルフ2は
最後まで成長し続けたから。

まずは10万キロが楽しみだ。人間でいえば、小学校入学時かな。


車と人間と社会 【2005/05/07】

| トラックバック(0) | コメント(0) |
こだわり
ものづくりにおいて「こだわり」というのは大切なことだと思う。
私はこのこだわりに共感し購入するほうだ。

ポロに移行するにあたりゴルフ2から続くVW社のこだわりを感じた。

こだわりに触れることで、それを作った人の心や思い、その奥深さを知り、喜び楽しむのである。

流行をつくるか追いかけるか。追いかけているだけのものには魅力を感じない。

エンブレムを外して新しい車をどこかで各メーカー合同で一斉にお披露目するというのはどうだろうか。利き酒ならぬ利き車である。見た目と乗った感じで。どの車がどこのメーカーのものか、どの程度わかるだろうか。

車と人間と社会 【2005/05/13】

| トラックバック(0) | コメント(2) |
面白さと便利さの相反
新しいものには新しいものの良さがあるのは当然なのでしょうが、それにより古いものの良さというか面白さを失うことも確実にあることを今回の車替えで実感しました。

ポロになって室内へのエンジン音はすごく静かになりました。音楽も良く聞こえるようになり、そういう意味では快適です。しかし、あのゴルフ2のお腹に響くブロブロブローンという感触はなくなりました。この音、振り返るととても心地よかったんですね。安定感に厚みを加えていたといいますか。例えればレコードの針の音とでもいいましょうか。

自分で選択してやっていることなのですが、失ってみて初めて気がつくのですね。

まあ、こうして新しいものが積み重なり、そこに古きものの価値を発見し、また古いはずだったものが新しく積み重なるといった世の中なんですね。きっと。

最近、TVの洋画のシーンでたびたびボルボが出て来たのです。時は1999年頃。このボルボ、窓の開閉は手動なのです。この手でくるくるやる俳優さんのシーンがなんか妙にかっこいい-。

完全に脱線しますが、昔、美人が適度な錆と凹みのある一般的にはポンコツの紺色のセダン(記憶ではジェタみたいな感じ)で目の前を通り過ぎた時に「うへー、かっこいいー」と感じたのを思い出しました。
刑事コロンボはいつの時代になってもあの車でないと様になりそうにありません。

なんでも一見の便利が良いとは限らない。物事は深いですね。




車と人間と社会 【2005/05/15】

| トラックバック(0) | コメント(0) |
車検について
今日、午前中のTVで車検に関する問題提議があった。

行政改革で車検の検査を独立行政法人がやっていることを一般の人が知っているのかという問いかけから始まっていた。
独立行政法人になって何か変わったかどうか。要するに効率的になったとか、ユーザーに便利になったとかである。
結論は「ほとんど何も変わっていない」ということであった。

車検期間は現在2年であるが、これの延長や廃止論もある。

ちなみに一般車両の車検証は国土交通省で発行している。しかし軽車両はなんとか(名前忘れた)協会(民間)で発行している。一般車両も民間に任せないのはどういう理由なのか国土交通省に聞いたところ「軽車両は仕組みが簡単」という旨のよく理由のわからないものであった。

また、上記の独立行政法人を評価する委員というものが存在するが、この委員の一部にその独立行政法人から別件など(講師料等)でお金が数百万支払われているという事実があるとのこと。これでは適正な評価はできないのではないかという問い掛けである。

10年程度前は製造から10年以上は1年車検だったりした。だからほとんどの人が10年経ったら廃車にしていたのではないだろうか。私はゴルフ2に16年乗ったが、この仕組みが無くなったから可能だったわけである。

車の安全性を確保するためのものとして車検があると考えるのが当然だろうが、実際のそのシステムは他の目的のために作り上げられているようなところがあると疑われる。様々な団体の既得権確保や雇用確保が主目的になっているというようなことである。
今一度車検の目的とそのために必要なことを考えてみる必要がある。

車検は何年置きが妥当なのか?車検は必要か。それに替わるものはないのか?

2年毎の車検に関わる出費は一般的に誰にとっても大きな負担であろう。この仕組みを野放しにしておいては、悪くはなっても良くはならないことは確かなようだ。



車と人間と社会 【2005/05/17】

| トラックバック(0) | コメント(0) |
エネルギー革命
石炭から始まった産業革命。
電気カーや水素カー、ソーラーカーの開発が進んでいるが、車のエネルギーとして普及するものはおそらく全く別のエネルギーであろう。その時がエネルギー革命だ。


ホーム
 28歳から16年乗り続けたゴルフ2とお別れすることになった。とてもとても寂しい。心が通うはずはないのに、ゴルフ2も私と同じ気持ちのようだ。本当にありがとう。私を毎日運んでくれて。
内容
  • <番外>愛用品 (2)
  • はじめに (4)
  • すごい!と思うところ (12)
  • 故障や劣化したところ (10)
  • パーツ (11)
  • 新家族POLO (29)
  • 車と人間と社会 (6)
  • 雑記 (2)
  • POLO熟成期 (2)
  • 最近の投稿
  • 10年10万キロの感想(07/09)
  • スモールランプ(ポジションランプ)取り替え(交換)(11/05)
  • 8年目(03/10)
  • バンパー(02/15)
  • 雪道とABS/ESP(12/13)
  • 街で出会うポロ(12/01)
  • (11/16)
  • タイヤ交換(11/11)
  • 最近、街で出会うゴルフ2(11/09)
  • リアのライト(10/04)
  • 燃費(10/03)
  • ミニカー(09/07)
  • マイナーチェンジした新しいポロの印象(09/06)
  • 夏至の日のポロ(06/25)
  • 燃費(06/23)
  • アクセルワークの謎(06/03)
  • ステアリングに革を(05/29)
  • ひょっとするとすごい車かもしれません。(05/19)
  • エネルギー革命(05/17)
  • エンジンルーム(05/17)
  • ボンネットのシール(05/17)
  • 車検について(05/15)
  • タッチアップペイント(05/15)
  • 無段階シート調整ダイヤル(05/14)
  • 乗降のスムーズさ、など(05/14)
  • 検索

    最近のコメント
  • nakayama(04/16)
  • nakayama(04/08)
  • nakayama(07/02)
  • Satoshi(06/01)
  • nakayama(09/13)
  • kenzow72(09/11)
  • nakayama(08/08)
  • マメ(08/06)
  • nakayama(07/28)
  • たろ(07/27)
  • nakayama(06/11)
  • pololopo(06/10)
  • もり(06/05)
  • nakayama(06/03)
  • もり(05/29)
  • nakayama(05/29)
  • nakayama(05/29)
  • サスケ(05/28)
  • もり(05/28)
  • もり(05/15)
  • nakayama(05/15)
  • もり(05/15)
  • nakayama(05/14)
  • サスケ(05/14)
  • nakayama(05/11)
  • 最近のトラックバック
  • けんぞう日記:2年と3ヶ月で(09/11)
  • アーカイブ
  • 2005年04月 (37)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年06月 (3)
  • 2005年09月 (2)
  • 2005年10月 (2)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年12月 (2)
  • 2008年02月 (1)
  • 2012年03月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • リンク
  • nakayama.com
  • プロフィール
    nakayama
  • Author:nakayama
  • 北海道江別市在住
    出身地:神奈川県葉山町
    好きな映画:ジャイアンツ
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。